AGA関連の薬や育毛サプリは絶対にAGA専門の病院で処方してもらった方が良い!

AGAの治療をする前に、自分自身で何とかケアをして薄毛の状態を脱したいと思うのは当然の事です。男性でも女性でも、髪について悩んでいてもそれを口にして相談するのは本当に恥ずかしいと思うため、自分で調べて手を尽くそうとします。市販品でも育毛剤やサプリメントの販売はされているのですが、それでも一般薬になるので有効成分の量も病院で処方されるものより若干少なめになっている事が多いです。

また、近年は個人輸入などの利用も気軽にできるようになったので、そちらで薬を買い求めて使う方も少なくありません。それはそれでいいのかもしれませんが、病院で処方されるようなレベルの育毛剤やサプリメントとなると、やはり副作用がないわけではないのです。また、髪の毛の抜け方などの症状に関しては個人差もあるので、きちんと検査や診察をしてもらい、症例の確認をしながら自分の頭皮や体の状態に合った薬を処方してもらう方が、効果も出やすくなっています。

自分だけで判断して育毛剤や治療薬などを使ってもいいのですが、万が一肌に合わなくて効果が思うように見込めなかったり、かぶれや湿疹などの症状が出てしまった時が大変です。そのまま服用していたらさらに悪化してしまう事もあります。病院で処方してもらった場合であれば、そうした肌に合わない、思ったような効果が出ないという時でも先生に相談して適切な対応をしてもらう事が出来るので、とても安心して治療を進めていく事ができます。

治療に関しては、早くても3ヶ月から半年程度はかかってくるものなので、困った時や聞きたいことがあれば、病院にすぐ相談できます。経過報告などもあるので、状態の確認をしてその都度自分の今の状態に合った治療をしていく事ができるのです。手軽にいろんな薬やサプリメントが手に入るのですが、きっちりと髪を増やす、映えるようにするという結果を求めるのであれば、自己流での治療よりは病院での診察と処方の利用も検討しましょう。
AGA新宿